映画

映画「この世界の片隅に」感想・レビュー

映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。 内容としては、第二次世界大戦の話で、DVDの説明には、 「1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。夫・周作のほか、周作の両親と義姉・径子、姪・晴美も新しい家族…