香港、ドラマ+コーギーとか

香港在住、コーギー犬と暮らしています。

※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

2019年夏ドラマ「偽装不倫」感想

日テレ木曜22時からのドラマ、偽装不倫の感想です。

 

*以下、ネタバレ、批判を含みますので見たくない人は見ないでください。

 

www.ntv.co.jp

 

第一話感想

 

ストーリーは、

32歳で独身の派遣社員・濱鐘子(はましょうこ)(杏)は、二世帯住宅の実家で両親と姉夫婦と同居している。鐘子の姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)は一見地味で堅物だが、非の打ち所のない夫・賢治(けんじ)(谷原章介)と結婚したキャリアウーマン。

一人旅で博多へ旅立った鐘子は、姉に借りたワンピースのポケットに結婚指輪が入っていることに気づく。そして、機内で落ちてきたスーツケースが頭を直撃し、指輪を落としてしまう。慌てる鐘子に指輪を差し出したのは、落ちてきた荷物の持ち主・伴野丈(ばんのじょう)(宮沢氷魚)。そのイケメンぶりに動揺した鐘子は、とっさに自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまう!

スペインでカメラマンをしているという7歳年下の丈から「僕と不倫しませんか?」と誘われて一夜を共にする。連絡先を交換しないまま東京に帰ったが、指輪をホテルに置いてきたことに気づき焦る。さらに、姉(仲間由紀恵)は年下の赤髪の子と不倫しているっぽい。

 

という内容でした。

 

 

感想を一言でいうと、

男性陣がもっとイケメンだと良かった。。です。

 

やはりこの内容のドラマだと、男性陣がかなりのイケメンでないと見続けるのがきついですね。

 

伴野丈(ばんのじょう)役の宮沢氷魚さん、帰国子女という設定で、韓流か?と一瞬思うほどの片言の日本語。

 

宮沢氷魚さんはTHE BOOMのボーカル宮沢和史さんの息子で、顔もそっくりです!

見てると島唄が流れてきてしまう。。

 

姉(仲間由紀恵)と不倫しているっぽい年下の赤髪の子も、さほどイケメン感がなく。

 

まあ、これは、好みによるんでしょう。

しょうがないですよね。

 

最終話終了後感想

まずびっくりしたのは、不倫していたお姉さんは、夫と離婚し、年下の不倫相手と一緒になって幸せになりました!

これまでのドラマって、「不倫ダメ!絶対!」「不倫、上手くいかない絶対!」みたいな内容しか見た事なかったので新鮮でした。新鮮で爽快でとても良かったです。

 

主人公とカメラマンの恋愛の方は、正直、興味持てなかったです。。