2019年夏ドラマ「ルパンの娘」感想

ルパンの娘の感想です。

 

以下ネタバレを含みます。

 

www.fujitv.co.jp

 

 

第一話感想

 

どんな話か分からずに見始めたのですが、なかなか斬新で面白かったです。

攻めてますね。月9の保守ぶりと違って良いと思います。

連ドラとしては珍しいコメディーですが、母役の小沢真珠さんの顔芸が私的にはツボです!

 

 

ストーリーは、

 

 

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されたが和馬の家族は全員が警察関連という「警察一家」だった。

 

一方で、庶民的な一軒家に住んでいると見せかけて実はタワーマンションの高層階に住んでいる三雲家は、母の悦子(小沢真珠)、父の尊(渡部篤郎)、祖母マツ(どんぐり)を含め、先祖代々家族全員が盗みの専門家である“Lの一族”という「泥棒一家」

 

恋人の和馬は家族に華との結婚を許してもらう為に、手柄としてLの一族を逮捕すことを目指す。

 

捜査の過程でピンチに陥る和馬を、結局は深田恭子が助けることになる、というストーリーが毎回繰り広げられそうです。

 

第二話感想

 

第二話も面白かったです。小ネタ満載で笑える。

小ネタについて書いても伝わらないと思うので、ぜひ見てください!

あくまでもコメディーです!リアリティを追求しないで軽い気持ちで見て下さい。

 

第三話感想

第三話も面白かったです。

真珠さん振り切れてる~!

テントウムシ3号ネタもツボです。

 

第五話感想

女泥棒役の田中みな実さん、なかなか良い感じでした。

テントウムシ3号も毎回進化していて面白い!

 

そして今回気になったのが、円城寺(大貫勇輔)のダンス。

無数のレーザーをかいくぐりながらのダンスが凄かった。

もはや芸術。ここだけでも是非見て下さい!

なんでもこの方はプロのダンサーなんだそうです。

 

いよいよ、華(深田恭子)の正体を和馬(瀬戸康史)が知ってしまいました。

どんな結末になるのか楽しみです。

 

最終話直前感想

なかなかストーリー展開も面白いですね。

おじいさん同士の因縁に関わる事件の犯人が判明し、結婚式場から和馬を盗むという!

最終話が楽しみです。

そして円城寺君には幸せになってもらいたいです。

 

 

最終話終了後感想

とても面白いドラマでした!素晴らしいです。

最終話も怒涛の展開でハッピーなエンディングでした。

円城寺君は安定のキャラ!